TAK_610が語る

旅、食べ物、モノなどなど、いろいろ語ります

レッズ戦観戦記 20180421 vs 札幌

大槻レッズ最終戦。勝って終わりたかったし、勝てた試合だっただけにゴールが決まらなかったのが残念。

ミシャ色に見事に染まった好調コンサドーレ相手に、大槻マジックはミラーフォーメーションで相手の良さを潰しに。契約上、出場不可の駒井が抜けた左サイドから崩すのを基本とした模様。優位に試合は進んだが、キーパーのファインセーブもあってゴールネットを揺らせず。スコアレスドロー

今日の戦術での最大の変化は遠藤を中盤の底にして、阿部をリベロに下げたこと。遠藤はこの位置がやはり一番輝きます。守ってはインターセプトし、攻めては的確な配球でゲームメーク。守備的中盤、センターバックは代表クラス、サイドも攻めの迫力が物足りないが卒なくこなせるユーティリティプレーヤーを証明。代表の森保コーチの目にも止まったのでは。

毎試合、なにかを変えてくる大槻マジックも今日で見納め。采配を振るった6試合を4勝2分の負けなし。見事な立て直しに感謝しかありません。これだけチームを俯瞰して見れて、選手一人一人の特性を見いだして活かすことができる人材はユース監督やコーチではもったいない。近い将来のGM候補として処遇してはどうかと思う。とりあえずはGM補佐としてチームに帯同してもらってはどうだろうか。

ミシャとの再会… 元指揮官を埼スタはどう迎え、レッズはいかに迎え撃ったのか?(SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

組長大槻監督が短期間で浦和再建「名言聞いた」槙野(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

【J1採点&寸評】浦和0-0札幌|中盤で存在感を示した遠藤航がMOM!ミシャ監督の采配も冴えた(SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース